ルテインはどんな症状に有効?

加齢黄斑変性症や白内障の予防など

ルテインは、目の健康をサポートする上で欠かせない成分として認知が広がり、今では、目の健康のサプリメントの代表的な成分の一つとなっています。その働きは、有害な光から網膜を守る事にあります。

ルテイン、または、それが代謝して作られるゼアキサンチンは、カロテノイドという分類になりますが、これらは、目の中に入ってきた光のうち有害な短波長を吸収する作用を持つそうです。

シンプルに言うなら、有害光線を無害化する色素成分。
これこそがルテインやゼアキサンチンなどのカロテノイド。

つまり紫外線などの光による害を軽減してくれる事で、黄斑変性症のような網膜の障害を予防する事になります。

しかし、ルテインの働きは、これだけではないそうです。
他にも有害光線によって眼に起こる障害として代表的な白内障に対しても有効だと言われています。

加齢黄斑変性症も白内障も共通して言えることは、加齢に伴い眼の抗酸化力が落ちると起こりやすくなる事です。紫外線を眼に取り込む事で活性酸素が増えても、それを早く無害にしてくれる働きがおろそかになってしまう。

すると、症状が悪化し次第に眼病として現れてきますが、ルテインが有害光線を直接無害にしたり、活性酸素を除去する事で加齢黄斑変性症や白内障の予防に繋がるという事のようです。

他にも、飛蚊症なども同じように老化や紫外線が関係していると言われるので、悪化を防いだり改善の可能性として、ルテインを活用するのもアリかもしれません。