関連情報

関連情報の紹介と内容

ルテイン一日の摂取量は?
ルテインを摂取する場合、一日にどのくらい摂取すれば良いのか。諸説ありますが、加齢黄斑変性症の予防や吸収の損失などを考慮した量などについて。

用途別のルテイン摂取推奨量目安
目の疲れ解消や視力改善目的。もしくは、黄斑変性症を始めとする目の病気を改善したいという場合など、それぞれの用途に合わせたルテイン摂取量の目安について。

ルテインサプリメントを選ぶ基準は?
サプリメントを選ぶ場合、どのような部分を基準とすれば良いかについて。その一つの基準であるケミンヘルス社のルテインやドクターズチョイスが良い理由。

他社製品との配合量比較
ドクターズチョイスのルテイン40mgとその他のルテインサプリメントの比較情報。品質の違いや選択肢を増やす上でもお役立て下さい。

品質と配合量で選ぶとこのサプリメント
まずは、配合量が十分な事。更に、食用の天然ルテインと特許製法など確認していくと、結局、ドクターズチョイスのルテイン40mgに辿り着きます。

ルテイン40mgを続けている理由
ドクターズチョイスのルテイン40mgを3年以上続けての実感。今まで試してきた色々なサプリメントとの違いや予防としての必要性について。

ルテインはどんな食品に多い?
ルテインを多く含む食材について。実際に食品から補うのも一つの方法ですが、野菜の現状など考えるとサプリメントによる摂取が妥当な方法となりそうです。

ルテインはどんな症状に有効?
ルテインは、加齢黄斑変性症の予防に有効と言われていますが、他にも、白内障や飛蚊症などにも有効なようです。

喫煙者はルテインで黄斑変性症の予防
喫煙者は、非喫煙者よりも黄斑変性症のリスクが高いと言われていますが、ルテインを摂取する事でそのリスクを下げる事が可能なようです。

カロテノイドとは
ルテインやゼアキサンチンなどのカロテノイドの主な特徴。他にもどのような種類があるのかなどについて。

フローラグロー製法とは
フローラグロー製法がどのようなものか。または、この製法を所有するケミンヘルス社のこだわりなどを確認する事が出来ます。

網膜にはビタミンAが良い?
目や皮膚、粘膜の健康に必要とされるビタミンAには、どのような働きがあるのか。また、摂取する上での注意点や実際に意識して摂取してみた事での効果についてのレビュー。

アントシアニンは効果的?
抗酸化作用に優れ、目の健康にも有効性が高いと言われてサプリメントの成分としても人気のアントシアニンは効果的なのかについて。

コラーゲンやヒアルロン酸の働きは?
目の硝子体の構成成分としても必要なコラーゲンやヒアルロン酸の特徴。また、これらの成分と白内障の関係など。

便利な生活が目に与える影響
世の中が便利になればなる程、目に与えるリスクも増えている傾向にあるので日ごろから意識して、ケアするように心がける必要もあると思います。

失明原因として白内障がトップ
日本と世界の白内障による失明率の違いに関する情報や白内障手術のリスクなどについて。

世界的平均より多い加齢黄斑変性症
失明リスクのある眼病で日本でも増えている加齢黄斑変性症に関する情報。世界的な平均と日本での割合の比較などについて。